テーマ株を知れば世間のトレンドがわかる

悪質な投資顧問に引っ掛からないために知っておくこと

悪質な投資顧問のイメージ

株取引を始めてみたがなかなかうまくいかない方は、一度は投資顧問に興味をもつこともあると思います。ただ、ネットで調べると賛否両論の意見が多く、どの会社の投資顧問をうけるべきか悩んでしまうでしょう。
さらに気になるのは悪質な投資顧問の存在です。

あなたが投資顧問を選ぶ際は最低限の見極め方を知っておくべきです。この記事では、悪質な投資顧問に引っ掛からないために知っておくべきことをご紹介します!

金商登録がされているか確認しよう

金融庁

投資初心者が悪質な投資顧問業者に引っかからないためには、まず金商登録(金融商品取引業者登録)がされているかを確認しましょう。投資顧問業者が投資の助言などを行う場合は、金融庁へ登録しなければなりません。そのため、無登録の業者は間違いなく悪質な投資顧問業者です。
実際に、国民生活センターは「詐欺的な投資勧誘トラブル」という注意喚起を行っており、投資勧誘を受けた場合は登録の有無を確認し、契約するつもりが無ければきっぱりと断ることと記載しています。
ただし、悪質な投資顧問業者は嘘の金商登録を記載している場合があります。業者名と金商登録番号をしっかりと確認し、金融庁のホームページに記載されているか確認したほうが安全です。

電話対応の良し悪しを確認しよう

電話をする様子

金商登録はしているものの、悪質な投資顧問業者というのは残念ながら多数存在しています。その見分け方の一つとして、電話対応の良し悪しがあります。
なぜ電話対応で確認できるかというと、悪質な業者は電話担当者への教育が行き届いておらず、利用者を金を巻き上げる対象としか見ていないようなぞんざいな対応になるためです。具体的にどんな対応かというと、敬語を使わない、自社のサービスを過剰に押し付けてくる、こちらの話を聞かない、質問とまったく違った答えが返ってくる、などです。
「そんな業者って本当にいるの?」と思われるかもしれませんが、現実には少なからず存在します。そのため、気になる投資顧問業者には電話をかけてみて、実際の対応を確認することをおすすめします。

所在地・連絡先などが記載されているか確認しよう

ホームページで所在地などを調べている様子

投資顧問業者のホームページには、業者の名称、所在地、連絡先、責任者の名前などが記載されています。しかし、悪質な業者はそういった記載が無く、実体の無い架空の投資顧問業者という場合があります。行政や利用者に居場所を知られないようにするためそのようにしているので、利用しないようにしましょう。
また、業者の名称や所在地がホームページに記載されていても実は架空の住所だったり、その住所地には違う会社が存在しているというケースもあります。そのため、地図サイトなどで住所を確認したり、可能であればその住所まで行ってその会社が存在しているのか確認したりすることをおすすめします。また、連絡先やメールアドレスが記載されていても、携帯電話の番号やフリーメールアドレスという場合もあります。
普通の企業であれば固定電話を設置しますし、メールアドレスも専用のドメインを取得します。それさえも出来ない業者というのは、悪徳な投資顧問業者か、または投資顧問業者としての実力が伴っていない可能性があるので、利用しないようにしましょう。